スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界人口白書

世界人口白書が発表された。
世界の人口が69億870万人に達し、そのうち中国が13億5410万人、インドが12億1450万人と二カ国で37.2%を占めている。今後この2カ国の増加は続き、世界の総人口のほとんどはこういった後進の新興国が占める状況となる。
 経済的な影響度も強くなり。いまや中国の金利政策が世界の株価を動かしてしまうほどのすさまじさをみせた。これまで世界の中心として君臨してきた米欧はというと、アメリカのドルの相対的な下落と景気不振の長期化、欧米諸国のユーロ危機とその後の緊縮財政など、覇者としての地位は揺らぎつつある。

そんな中でわが日本国の人口は20万人減少し、その傾向は今後もっと強まってくる。それがどういう意味を持つのであろうか。

大きな時代のうねりが目の前に迫ってきてるのかもしれない。

メディアの活字の間に見えるものはなんなのか。先に見えるものはなんなのか。

しっかりと見据えておきたいものである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。