UVプリンターのデモ

先日はとあるメーカーのオフィスにお邪魔して最新のUVプリンターのデモを見学することが出来た。多品種少量ロットの生産において一つのヒントにならないかと思ってのことである。
 UVプリンターを初め、こういったプロッタータイプのプリンターを出しているメーカーは多数あり、業界の外である私がメーカーの選別が出来るはずもなく、困っていたときにこのメーカーを教えていただいたのが、例の人材育成塾でお世話になっているM社の社長である。こういう新しい分野に飛び込むときにこういった優れた他業種の方の助けを借りることが出来るというのはすばらしいことと改めて感じた。
 
 さて、UVプリントの特徴であるが、これまでの揮発性インクと比べて何が優れているかというと、そのインクの速乾性と定着性のよさにある。紫外線を当てることで瞬時に固まるインクは、インクがにじんだり流れ出すことがないので精密な印刷が可能であることと、素材を選ばないこと。とにかく鉄だろうがなんだろうがほとんどの素材に印刷可能である。
UVプリンター

 機械はプロッタータイプとはいえ巨大である。間口が160センチと広く、厚いボード状のものに印刷するために素材を固定する台があるためだ。

UVプリント デモ
 印刷時間は少々遅い、幅60センチ、奥行き35センチくらいの印刷物を完成するまでに約10分程度かかったであろうか。しかしその表現力はすばらしい。このあとプラダンにも印刷してもらったが本当にきれいに印刷できる。ただ、磨耗に強い硬質インクと折加工など必要な紙製品に適した普通インクの切り替えには時間がかかるらしく、どれもこれも両立するには難しそうであることも解かった。
 
とにかく時代はどんどん変化している。それに合わせてこういったテクノロジーもすさまじい変化を遂げている。常にアンテナを張っていたいものだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター