方向性を決めることの難しさ

 先日のサッカー日本代表対セルビア代表の試合を見ることはなかったが、予測どおりの大敗だったようだ。オシム監督が病に倒れてからの日本代表はまさに岡田監督の下、迷走に迷走を続けているとしか思えない。私は監督としての素養が彼にあるかないかは詳しく追いかけている訳ではないのでなんとも申し上げられない。しかし、以前彼がW杯に監督として出場した際の采配には絶望的な未熟さを感じた。それは仕方がないことだと思う。なにせ本当の世界という尺度に初めて触れたのであろうから。
 そして彼は国内リーグで一定の活躍をする。そして、彼なりに経験を積んで今回の代表監督の座を再び射止めたのである。しかし、世界と日本の絶対的な差に気づかされた後に彼が積んだ経験はそれを埋めるに充分なものであったのであろうか。それは否である。日本の選手はまだまだ少ないながらも、随分世界を肌で感じて入り選手が増えてきた。しかし、監督、コーチに国際経験を積んだ方はほとんど居ないのが現状である。もちろん岡田監督もそうであり、世界を知らずに世界と戦うことの無謀さを改めて証明してしまったというところであろうか。

 これは経営者としても実に考えさせられる部分である。市場や今後の動向を知らずして戦うことの恐ろしさであり、振り返ると、私自身も反省しないといけない。

 また、私の大好きな阪神タイガースの今の現状も一つの示唆を含んでいるように思う。星野阪神の時期、阪神は日本で一番強力なチームであったと思う。この時期の2軍もかなりいい成績を残しており有望な選手がいるように思われた。しかしその後、ベテランから若手への切り替えを躊躇し続け、若手に経験を与えずに目の前の勝利に酔いしれていた。ついには若手を放出し、補強に頼った。そしてまもなくベテランは疲弊し、2軍は弱体化してしまった。恐らく阪神の低迷は暫く続くと思う。
 前監督が行うべき仕事は成績を残すばかりでなく、試合の趨勢が決定した試合の中でどんどん若手を使ってゆくことだったと思う。しかし彼はしなかった。ベテランの穴埋めに若手を登用して、その場で結果が出なければ落第の烙印を押してしまった。限られたチャンスで結果が出ないと見放される緊張した場面で若手が結果を残せるはずがないのである。
 これは球団が中長期的な育成を含めたビジョンを持たなかったからこうなったと思う。数字さえ出していればいいという表面上の結果を戦術とすれば、長期的に相手を圧倒する戦略がなかったのである。

 いま絶好調である巨人は原監督の下、実にいいサイクルに入っている。欧州のサッカーではバルセロナが下部組織の出身者を11人中8名まで起用できるくらい、しっかりとしたビジョンの中で動いている。実はバルセロナでは子供たちに対して親が勝利至上主義を押し付けるあまり、少年のサッカー人口が減っているようである。それを危惧したバルセロナはカタルーニャ代表チームを作って、一つの方向付けをして人口拡大を本気でがんばっている。

 会社も同じで常にしっかりとしたビジョン、経営理念、事業方針を掲げなければならない。人の振り見て我が振り直せである。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター