スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者の趣向とは

大阪に行く機会があったので、ちょっと時間を割いて梅田界隈を何の目的もなくぶらぶらと散策してみた。
実は但馬から離れると、とにかく街を見ることにしている。つぶれては新しいテナントが入る都会の町並み。そこには消費者が求めているものの変化が良く見て取れるからである。
 また、地方都市に行っても必ず同じことをする。その地域性、特色が良くわかるからだ。

 もう一つ大都市に行くと必ずすること。それは東急ハンズとかロフトなどの雑貨屋さんに立ち寄ること。ここではパッケージデザインやペーパークラフトといったものやアイデア商品などの勉強に訪れるのである。
 そんな感じで梅田のロフトを散策していると、なんとお米を販売しているではないか。
ロフトでお米?
 なぜ、ロフトでお米を?という疑念はPOPを良く見ることで間もなく晴れた。
米の栽培キット POP
 なんと、これはお米の栽培キットだったのだ。この米袋の中にはお米の栽培に必要なものが入っているようだ。そういえばビルの屋上にプランターを並べて、レンタルの畑とすることや野菜の栽培アドバイスがビジネスになっているという話をテレビで見たことがある。仕事帰りにビルの屋上で野菜の手入れをするという行為が癒しであり、喜びをもたらせているというのだ。そんな中でお米があっても確かに不思議ではない。
 
 人口がこれからどんどん都会に集中することが予想されているが、これらの人の要求として自然に触れることや安全な食品を口にする、スローライフを味わうという人類そのものの本当の欲求は失われることはないのであろう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。