スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節外れの暖かさ

昨日は「大寒」。旧暦と現代の暦とはずれがあるとはいえ本来であればとても寒い時期である。実際、先週などは雪こそ大して積もらなかったものの寒さに震える日が続いていた。しかし今日はどうだろう。天気予報も南からの風が吹き、3月下旬の陽気になると予測されていたが、朝の寒さを逃れるために工場の窓を閉めたままであった。 
 ところがである、現場に入って製造作業の補助をしていたのだが、扉から外に出るとなんとも暖かな風が吹き抜けているのに出会った。再び工場に戻った私は暖房を切り、窓を開けることにしたのである。
窓を開けた
 窓から入る風は温かく工場内を通り過ぎてゆく。昨年の年末から2ヶ月近く長く窓を開けていないせいか、新しい空気が工場に入ってなんともすがすがしい。作業をしている社員さんも寒さに体をこわばらせることなくのびのびと作業できるようだ。
床に差し込む日光

 日光が工場の床を照らし、暗い冬からほんの短い間だが、しばらくして訪れる春を感じさせてくれた。明るい太陽の日差しはみんなを明るくする。機械ももちろんである。ベルトが寒くて縮んだり、表面が硬化して製品の流れが悪くなったり、寒いと機械まで機嫌が悪くなる。

 久しぶりに建物も機械も人間ものびのびと仕事ができた一日でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。