簡易ケースのできるまで ③ 罫線入れ作業

裁断工程の後は紙を折るための罫線を入れる作業。罫線を入れないと折る時に力が要るだけでなく、きれいに折れない。紙の特性からボール紙は表から凹状にし、ダンボールは裏から凹状に溝を入れる。そうでなければきれいに折れないのである。
罫線を入れる機械はこれ
罫線機
トムソンだと木型のセットとか面板の準備とか手数やコストがかかるが、2本の平行な罫線ならばこの機械がいたって簡単である。罫線機の入り口に紙をセットするとベルトによって機械に投入され、次々に罫線が入れられる
罫線工程
罫線が入れられた原紙。
罫線
ちょっと見え難いか。
罫線表面
きっちりと罫線が入っているのがわかると思う。この後は箱にする為に角を切る工程に進む。

                             (つづく)

コメント

Re: 簡易ケース

こういった説明で良くわかりますよ!!!
> とってもわかりやすくていいです。

ありがとうございます。がんばりますv-91

簡易ケース

こういった説明で良くわかりますよ!!!
とってもわかりやすくていいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター