ステッチ作業 ~ダンボール編

前回は紙箱のステッチ作業についてご説明差し上げたが、今回はダンボールでのステッチ。
ダンボールの世界でもステッチ作業というのはかなり少なくなってきた。理由は紙箱と同じである。さらにダンボールの場合は貼り合わせるボンドの性能向上が大きな役割を果たしたともいえる。旧来のボンドと比べて近年のものは速乾性も優れ、ダンボール紙が表面剥離しない限りは剥がれないほど強くなっているのである。しかし、ふた式の簡易ケースや特殊な形状の箱ではまだまだステッチは必要であるし、金属製品をバラ詰めするようなケースにおいては耐久性の面でステッチに対する需要はなくならない。
ダンボール ステッチ箱
このようにダンボールのステッチは斜めに打たれるのが一般的である。ダンボールシートがシングル(1層)の場合は1本、ダブル(2層)の場合は2重に打つ場合が多い。
ダンボール用ステッチャー
ステッチャーは弊社で使用しているものは少々古いタイプだが、構造的には紙器用のものと基本的には変わらない。
ワイヤーの比較
ワイヤーは上がダンボール用、下が紙器用。紙器用が0.8㎜程度だがダンボール用は2.5㎜程度ととても太いことがわかる。
 最近ではこのステッチの代わりに大型のミシンのような糸でとめるタイプの機械が開発されてきた。今後、このステッチはどうなってゆくのだろうか?恐らく衰退してゆくことは間違いないところであろう。

コメント

Re: たどり着きました

> 前野紙業の業務がわかりやすいですね。
> 楽しみにしていますので

ご指摘を受けて今気づきました。すみません。コメントはちゃんと届いていました。
いたずらメール対策で「承認」後にしかブログ上に出ないようになっています。
ちょくちょくコメントのチェックはしていたのですが、最近ちょっと忘れていました。
今後できるだけ頻繁にチェックしますので、リアルタイムに表示されませんが、また懲りずにコメントくださいね。楽しみにしています。

たどり着きました

前野紙業の業務がわかりやすいですね。
楽しみにしていますので

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター