中村文昭氏の講演を聞いて

 少し前に「すばらしい講演だから是非聞いて見て」と友人から2枚のCDをお借りした。その友人はいつも色々な情報をくれて、私と全く違う視点で物が見れて、全く違う人脈を持つ、夢があふれるすばらしい人物だ。そのときには感謝しつつCDをバッグにしまった。
 CDプレーヤーでゆっくりと聞こうと思いつつ何日か過ぎた。ずいぶん経ったある日、その存在を思い出し、早く聞いてお返ししないとと思い立ち、CDプレーヤーも無いのでカーステレオで聴きながら近所を走っていた。
 その講演で講師を務めていらっしゃったのが中村文昭氏。中村氏が三重の田舎の故郷を出て上京し運命的な人物との出会いをするまでの楽しげなエピソードの数々に徐々に引き込まれていった。そのうちに野菜の行商時代や初めての店の開店、三重に帰っての話になっていくと心が揺れ動かされてしまった自分がそこにいた。
 涙と感動とよく表現されているようだが、それだけでなく自分への反省や人生への前向きな捕らえ方みたいなものが生まれてきた気がする。商売とか人間関係などで、ともすれば「ああすればいい、こうしれば上手くいく」といったことばかり考えてみたり、「ああなったらどうしよう、こうなったらまずいんじゃないか」みたいなこと囚われすぎてはいなかったかと考えさせられた。
 「人間力をつけろ」とか「一生懸命な人を見ると、人は応援したくなる。だから今できることを一生懸命今やりなさい」とか「出来ない理由を探すな」とか、実はとても当たり前のことが、当たり前に出来ないものだと思い知らされた。
 今一度、姿勢を正し、明日を迎える力となる講演だった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター