ようやく光回線へ変更 

弊社のオフィスではこれまで恥ずかしながらADSLの環境でした。

PCもOSがXPで古かったのですが、だんだんアプリケーションソフトやインターネットソフトがヴァージョンアップしてゆくとPCがフリーズすることが増えてきたので、一気にWindows7搭載モデルに変えたら、ネット環境に不満を感じるようになってきたので、ようやく変更する決心がつきました。

光ケーブル

 工事はあっという間でした。

 複合機の設定を変えたり、少し手間がありましたが、意外と簡単。ネット環境のレスポンスがいいと楽ですね。

モール取付

 モールの工事は自分でやったら安いのでと業者さんがそのままにして帰られたので、ちょちょいのちょいとモールでカバーしました。

 しかし、通信環境って変わりましたよね。

 私が外資系のコンピューター会社にいたころは9600dpsの一般通信回線が一般的で、大きな汎用機やオフコンを持っていらっしゃるところが数MBpsの専用回線を使っていらっしゃいました。それが高速だったんですけれどね。
 それがデジタル化されてISDNになって、電話やFAXにまでつなげる専用回線や一般サービスまで出たと思うと、インターネットのプロバイダによるサービスができると特殊な用途を除くと専用回線が一般的でなくなって、ADSLになってゆきますね。
 そしてこの光ケーブル。すさまじい進化です。

20年ほど前はまだまだフロッピーが記憶媒体だったPCからハードディスクができるようになって200MBのディスクで100万円台のPCだったのに、当時だと汎用機クラスの恐ろしいスペックのPCが数万円で買える時代。

ちょっと話が飛躍しますが、高級電化製品だったテレビもいまや40インチが3万円台ということです。

 数年の間にものの値段が10分の一以下になるというこの時代のものづくりについて考えさせられました。
プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター