スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネルギーへの取り組みで工場の蛍光灯をLEDへ変更

 弊社としても社会貢献とともに、固定費の削減の為に工場内に150ほどある蛍光灯をすべてLEDに変更することにしました。

LED機器

 先週の金曜日には大量のLED危機が搬入されました。

LED交換作業

 そして工場が稼働休止日の土曜日に交換作業を行ってもらいました。

LED交換作業

 たくさんの作業者の方々によって夕方までには作業完了しました。

LED交換

 紙箱の工場はとても明るくなりました。

LED交換

 段ボール部門は機械周りだけですがいい感じです。

LED交換

 事務所も綺麗になりました。

 LEDの欠点である立体的に見えづらいなどの面は対応済みの機械のようで真っ白な灯りではないですが、数分の一の消費電力であるにもかかわらず1.5倍くらい明るくなった気がします。

 「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」を利用しましたが、弊社としても結構な費用をかけたプロジェクトですが、やってよかったと思います。

 次は倉庫棟の水銀灯のLED化を進めていく予定です。

 省電力へもしっかりと取り組んでまいります!
スポンサーサイト

緊急のトラブル対応も、定期点検もしていただけることに感謝!

 昨日は我が社にとって感謝の一日になりました。

 早朝に段ボール資材を搬入してくれる会社の方から、弊社のフォークリフトが動かないという報告をいただきました。昨日までは全く問題なく動いていたフォークリフトです。
 朝8時ではフォークリフトの販売店さんはまだ開店していない状況です。しかし、フォークリフトが動かないと仕事が始められません。そこで、車関係の協力会社さんに弊社の工場長が連絡を取ったところ、ご近所の自動車電装工事の会社さんがすぐにセルの故障と判断してくれて、直ぐに応急処置をしてくれました。

フォークリフトの故障

 これで、運送会社さんも無事搬入終了。弊社の機械への資材の移動も完了しました。心配してくれたタイヤ屋さんも駆けつけてくれたことも付け加えておきます。

 そのあと、必要最小限の部品交換をきっちりしてくれてフォークリフトも元気を回復してくれました。


 その後は、大阪から印刷機のメインテナンス会社の方々が、定期点検と修理に来てくれました。

印刷機の定期点検

 消耗パーツの交換や、細かな調整をしてくれて万全の状態に仕上げてくれました。これで安心です。


 緊急の場合にも、こうしたルーティン的な作業もしっかり対応してくれるパートナーさんたちがあることに心から感謝しております。

機械の定期点検

 機械を大事に使うことが製造業にとって本当に大事なことであることは、今更申し上げることではないと思います。でも、忙しい中でおろそかになりがちなこと。

 丁寧に扱ってくれていますが、それでも専門家に見てもらわなければならないこともありますし、人間と同じで悪くなる前に不具合は見つけたいところ。

 そこで機械は定期的に点検してもらっています。

トムソンの定期点検

 今回はトムソンという打ち抜きの機械の定期点検です。この機械はすでに40年近く使っている機械ですが、いまだに現役で、精度も維持しながら活躍してくれています。

 メンテナンスしてくれる業者さんは奈良の方ですが、いつも弊社には朝の8時過ぎには到着して作業をしてくれます。本当にありがたいことです。

 新しい技術も紹介してくれて、抑え板はこれまで金属製ですが、樹脂製のものも便利だということで、さっそく取り寄せていただきます。

 こうした業者さんのおかげで、機械が停まることなく、生産が継続的に維持できて、お客さんの納期確保もできるのです。

 感謝。その一言ですね。

豊岡の暑い夏を乗り切るための散水システム

 いよいよ夏本番ですね。豊岡市は本当に暑いところで、この日も近畿地方で予想最高気温がトップの35度・・・・。

 暑いと社員の熱中症などの健康面の不安も出てきますし、集中力の減退による不良の発生も心配になります。本当は全室冷房を入れたいところなのですが、工場は大きすぎて難しいです。

 そこで、毎年頑張ってもらうのがこれです。

散水システム

 散水システムです。もう2代目になります。冬は消雪装置として活躍してもらっています。

 暑さになかなか追いつきませんが、少しでも快適になればと思っております。

新しい技術にキャッチアップしています~トムソンのウェーブ刃

  全体的に古い業界である紙器業界ですが、それでも様々な技術が産まれてきています。様々な機械展示会に出向いて情報収集をしたり、ビジネスパートナーである仕入れ業者さんとの情報交換の中で、そういった技術を知り、採用していっております。

 今回はトムソンの紙粉対策です。

 紙の加工で最も厄介なもののひとつが紙粉です。紙そのものの性質として持っているものもありますが、裁断やトムソンの刃が劣化することで発生するものもあります。


 特にトムソンでは繰り返し使うことで劣化するのですが、刃の交換は高価なので頭が痛い問題です。そこで調べて知ったのが、通常のストレート刃ではなく、新しい刃が登場していました。より薄く切れ味のいいミラー刃と、逆に先端を最初から鈍らせて、それでも紙粉が出にくくしたウェーブ刃の2種類です。

二枚刃の木型とつなぎ入れ

 ちょっと高価ですが、こうした新しい技術の提供もお客様へのサービスだと考えております。

 前野紙業はお客様のために進化を続けます。


プロフィール

msdate

Author:msdate
M’sです。
前野紙業株式会社の経営者。
よろしくお願いします。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。